読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の海外物販ビジネスの魅力

豊田昇氏と海外転売ビジネスについてお伝えします

米国AmazonのFBA納品時にはPack listを用意することをおススメします

アメリカAmazonでは売上も右肩上がりで

FBAも混雑、

そのため、昨年のホリデーシーズンには

新規出品者のFBA納品制限が設けられたり、

FBA手数料の値上げなどが行われていますが

「Pack list(どの箱に何がいくつ入っているのか)」

の情報提供を求めているのも、

アメリカAmazonの施策の一つです。

 

「セラーセントラルを通して、

情報提供をしてくれれば、

結果として入庫した商品の

販売開始が早くなるので

出荷時にこのPack listの情報を付けることをおススメする」

と米国AmazonのHelpにも書かれています。

 

Amazon.com Help: Providing Box Content Information

 

★Pack listの作成方法

How will this shipment be packed

より発送のタイプを選びます。

 

 f:id:Telecommunications:20170119022855j:plain

1.Everything in one box(1つの箱にすべての商品が入っている)

”Everything in one box option.”を選択

ボックスの重量と寸法のみ入力。

有効期限付き商品がある場合は、それらも記載する。

 

2.One SKU per box(1箱に1SKU)

複数の箱で送るが1箱に1SKUの場合 

”One SKU per box (or Multiple boxes, which will appear if your shipment has only one SKU)”.を選択。

 

3.More than one SKU per box (1箱1SKUで箱は10個以下)

”More than one SKU per box (total 10 boxes or less)”オプションを選択

 

4.More than one SKU per box (箱ごとに商ことなる

箱ごとに複数のSKUがあり、10箱または25 SKUを超える場合は、

”More that one SKU per box (more than 10 boxes)”オプションを選択します。

 

★Pack list の入力方法

 

f:id:Telecommunications:20170119022848j:plain

1.Web form 使用 (推奨)

2.Excel シートアップロード

3.tsvフォーマットアップロード

4.2Dバーコードの使用

5.Amazon web services の使用

6.入力しない(手数料発生)

 

 

豊田昇氏が運営している桜トレードさんでは

ご希望の方には買付終了時にパックリストを

無料提供しているとのこと。

http://sakuratrade.jp/consul/

 

これを全部自分でやっていたら大変ですし

一つずつ入力する手間が省けるので

時短と手数料を節約したい方にはおススメですね。

 

また、現時点では

箱のサイズや重量は入力しなくても

受け付けてくれるようです。

 

 

Pack listのアップロードを問題なく行うには

納品プランが正確に設定されていることが

前提です。

 

 

誤った数量・商品リストから

作られたFBAファイルを

提出した場合は

正しいPack listが出せず

その訂正にかえって時間がかかってしまうこともあるので

ご注意を。

 

実際に、このPack listの提出が推奨されるようになってから

昨年のクリスマス商戦の時も

FBA入庫の混雑具合がかなり解消されたようだ

と伺っています。

 

特に季節ものなどは納品から販売までの期間を短縮したいですよね。

英語でわかりにくい作業、面倒な作業もあると思いますが、

面倒な作業はすべて桜トレードさんが代行してくれたり、

Amazonのほうも、改善策を検討しているように思います。