読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の海外物販ビジネスの魅力

豊田昇氏と海外転売ビジネスについてお伝えします

米国アマゾンにおいて、LTSFを徴収されないために!


米国アマゾンでは、
毎年2月と8月に
米国アマゾンのFBA倉庫に6ヵ月以上
保管している在庫に対し、
長期在庫保管手数料という意味ですが、
"LTSF(FBA long-term storage fees)”
が徴収されます。

日本だとFBAに365日以上保管している商品の在庫が
コレに該当します。
該当する商品はあまりないとは思います。

昨年度から米国アマゾンで初めて
販売を開始したセラーの方たちには
初耳だったと思いますが、
米国アマゾンの場合は

毎月収めている在庫保管料
      +
長期保管の在庫にたいする手数料

が発生します。
そして今年もさっそく皆さんのところに、
この予告が来ているのではないでしょうか?


ちょうど、ホリデーシーズンの
売れ残り在庫商品が2月のLTSFの徴収に
引っ掛かるという
アマゾンにとって、とてもうまい仕組になっているんです。


また、通常の在庫保管料に比べ
LTSFはかなり割高な金額に
設定されていますので
在庫を米国アマゾンのFBAに

多めに入れている方、
要注意です。


【LTSFの費用について】
①6ヵ月以上12ヵ月未満
US$11.25/1立方フィート

②12ヵ月以上は
US$22.5/1立方フィート


1フィート=約30cmです。
たった30立方cmに対して
これだけのLTSFがチャージされてしまいます。

結構割高ですよね?


セラーセントラルの
INVENTORY > Inventory Planning > Inventory Age で、
LTSFがいくら発生するのか
チェックできます。

 

f:id:Telecommunications:20170208022037j:plain

 


また、8月にもLTSFの
チャージがあります。

対象在庫については
来シーズンまでの
トータル在庫手数料+LTSFと
売れた際の利益額を
比較して判断しましょう。

・安売りして在庫をなくす
・廃棄する
・手数料払っても来シーズンまで持ち越し

どの方法が一番お得でしょうか?


もちろん、今後の対策として、
チャージされないよう
工夫を始めることも
大切です。

なので、仕入れるときにも

不良在庫が増えないよう、

LTSFが徴収されないよう

考えておく必要がありますね。

 

豊田昇氏の運営する桜トレードさんでは、

テスト販売から実際に販売していくまで

どのくらいの在庫が必要なのか、

適切な在庫の判断の仕方や、

少ない費用で効率よく販売する方法など

現役セラーの講師陣からアドバイスいただけてます。

 

また、米国アマゾン、日本アマゾンに関して

最新の情報を教えていただけます。