読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の海外物販ビジネスの魅力

豊田昇氏と海外転売ビジネスについてお伝えします

世界中からバイヤーが買い付けに来る中国広州卸市場の魅力

豊田昇氏が運営する桜トレードでは、

来月、3月17日(金)から23日(木)に

 第4回

「中国広州卸市場ツアー」

があります。

 

このツアーですが、

プランは3つに分かれているので

それぞれ、土日祝を挟んで

3-5日程度。

仕事が忙しい、休みが取れない、

という人も行きやすい日程です。

 

------------------------------------------------------

・広州&深セン:3月17日(金)~21日(火)のみ)

 

・広州のみ:3月17日(金)~20日(月)

 

深センのみ:3月20日(日)~23日(木)

 

 中国広州卸市場買い付けツアー

ツアー詳細・申し込みページ

⇒ http://sakuratrade.jp/tour/

------------------------------------------------------

 

 

このツアーでは、

広州と深圳に行くのですが、

いずれも、世界中からさまざまなバイヤーが集まります。

 

f:id:Telecommunications:20170227014523j:plain

 

実際に広州や深圳に行ったとき、

また広州で行われる広州交易会という展示会なども

いろんな人種の人たちが

大きいスーツケースをもって歩いているのを見かけました。

皆さん、買い付けやOEMの交渉に来ています。

 

そして、広州から

日本、東南アジア、アフリカ、

中東、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ

など様々な国へ輸出されます。

 

 

さすが!中国は世界の工場というだけあります。

 

 

しかし、なぜ広州や深圳に世界中からこんなにたくさんの

バイヤーが集まるのでしょうか?

 

 

広州はアパレルがメインですが、

メイク関連、スポーツ、靴、鞄、革製品、機械、おもちゃなど

ありとあらゆるものが売られています。

 

 

深圳に関しては電気製品、スマホ・PC関連、の商品が多数あります。

 

 

しかも、広州、深圳ともに

アリババやタオバオに出ていない商品がたくさんあり、

安い・小ロット・高品質

がそろっているのです。

 

 

広州は製造業の工場、卸問屋が多数集まります。

広州周辺の街は製造業がさかんで、

これらの街でつくられた商品が

広州の卸市場に集結します。

 

現地の卸市場は、まさにこれから世界中で売れるものを

一足早く並べているので、

これからどんなものが流行るのか、

今どんなものが売れているのか

今年のトレンドは?

ということも、

現地で商品を見てみることでわかり

ライバルに一歩、

差をつけることができます。

 

また、ただ安く仕入れられるだけでなく

現地で良い品質の商品に出会えるというのも

現地へ行くメリットです。

 

もし中国輸入をしている、

世界中に販売したいと考えている方は、

世界中のバイヤーが買い付けに来る

広州、深圳に一度足を運んでみるといいですね。

 

------------------------------------------------------

中国広州卸市場買い付けツアー

詳細・申し込みページ

⇒ http://sakuratrade.jp/tour/

------------------------------------------------------