読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の海外物販ビジネスの魅力

豊田昇氏と海外転売ビジネスについてお伝えします

見えない手数料・機会損失に気を配れば利益率もUP

 

仕入コストや出品手数料などで

気を付けていることは何でしょうか?

 

仕入れる商品の価格がより安い店舗を探したり、

送料が少しでも安くなるように計算して工夫したり…

 

仕入れ価格や

送料というのは、

目で見てわかりやすいコストです。

 

誰でも意識しやすいところですね。

 

 

しかし、なかなか目に見えないコスト、

また、売れるのに、機会の損失になっているのは

何でしょうか?

「稼いでいるセラー」は

ここにも注力しています。

 

今一度見直してみましょう。

 

★FBA在庫保管手数料(Inventory storage fees)

FBAで保管している商品在庫に対して

毎月かかる手数料です。

FBA納品数が多くなってくると

こちらの手数料も馬鹿になりません。

 

販売する商品が増えてくるのは

いいことなのでですが、

なかなか売れる見込みがないにもかかわらず

FBAに保管されている商品に払うのは

無駄なコストです。

 

そんなコストはありませんか?

 

 

★返品手数料(Restocking Fees)

お客さんから返品があった際に

発生する手数料です。

金額は返品の理由や返品の期日に

よります。

手数料は

セラーセントラル内

レポート(Reports)>ペイメント(Payments)>返金(Refunds)

で確認できます。

 

返品が多くなると

金額的な損失も問題ですが、

その商品が販売停止になってしまうことも

あり得ますし、機会損失にもなります。

 

 

★FBA手数料(FBA Fee)

標準(standard)サイズで納品したつもりが、

大型(oversize)サイズと判断され

高額なFBA手数料を取られている場合があります。

 

仕入の際にこちらの勘違いなのか、

あるいはアマゾン側が計測ミスをしているのか

アマゾンにも確認し、

利益が出ないようなら

今後も仕入るかどうかを検討しましょう。

 

もしアマゾン側のミスである場合は、

アマゾンに再計測を依頼できます。

 

 

★アマゾンの保管ミスへの補償申請

アマゾンのFBA倉庫の管理は

日本人から見れば、

かなり雑になっています。

 

送った数量より少ない数しか

入庫されなかったり、

入庫した在庫数がある日突然減っていたり

することが、

たまにあります。

 

恐ろしいことですが、

アマゾンに全部任せていると

いつの間にか在庫が減っていったりしています。。

 

これらは販売者が

指摘しない限り、

アマゾンでは調査・補償してもらえません。

 

これらのことに気を付けて

利益率を増やす、

販売機会を増やせるよう、

見直してみましょう。