読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の海外物販ビジネスの魅力

豊田昇氏と海外転売ビジネスについてお伝えします

Amazonアカウント乗っ取られ詐欺の対策

物販をやっている人たちの間で

最近の話題になっている、

悪質なAmazonのアカウント乗っ取り。

 

・購入者側の被害

購入した商品が届かない、

勝手にキャンセルされる

Amazonのアカウントが不正に利用される。

 

なかには、深刻な被害にあった

被害者の方が通報したことで、

警察やAmazonも対応をすすめているものの、

まだあまり実例が乏しい、インターネット上での犯罪、

犯人を特定したり、事態を収束させることが、

難しい状況です。

 

・出品者側の被害

アカウントを乗っ取られて、

現在出品中の商品の価格をありえないような安値で出品される

実際にはない架空の商品が出品されることで、

購入者から「発送はまだか?」など、

問い合わせのメールや電話もきてしまっている。

 

これは、セラーとして、赤字だけではなく

運営しているAmazonの店舗の評価に影響したりと、

頭を悩ませます。

 

また、一番恐ろしいのは、

出品者も購入者も個人情報が晒されることです。

 

商品を購入したお客様から見れば、

このアカウントが乗っ取られている出品者は

商品が出品者から発送されないことで

お客様から出品者に非難されるような問い合わせが着たり、

購入者が出品者の所在地、電話番号等を検索したり、

Google Mapで出品者の自宅画像を晒してしまうということも

起きている。

 

また、Amazonや警察でも対応を急いではいるものの、

沢山の人たちが被害にあい、

また、取引数も膨大ななため、

対応がなかなか進んでいない。

 

つまり、出品者、購入者、

誰もが詐欺に陥れられる可能性がある。

※購入前に詐欺かどうか確認すべき点

・出品者が「Amazon」ではなく、ほかの出品者が販売している商品は現状避けた方が安全です

・相場を下合わるあり得ない価格で販売されている。

・商品を大量に出品している出品者

特に、ありえない安値で格安商品などを発見したら注意が必要です。

 

しかし、詐欺の商品を購入してしまい、

被害に巻き込まれ場合、

Amazonの「マーケットプレイス保証」を申請することができ、

詐欺にあった商品代金のうち最大30万円まで戻ってきます。

 

また、こういった詐欺を防ぐためには、

ログイン時の2段階認証しか

今は方法はありません。