読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の海外物販ビジネスの魅力

豊田昇氏と海外転売ビジネスについてお伝えします

セラーアカウントのセキュリティを今一度見直そう

 

先月から日本、アメリカで話題になっている

「アマゾン 詐欺」や

「アマゾン アカウント 乗っ取り」が

ネット上だけでなく、

テレビやニュースで報道されています。

 

 

テレビやニュースなどの報道番組で

報道されるレベルというのは、

非常に深刻な実態で

出品者、購入者、ほか

広範囲に被害が及んでいるのだと

思われます。

 

購入者側の被害としては

①注文した商品が送られてこない

②注文した際に個人情報が乗っ取られた詐欺アカウントの連絡先に使われる

③その詐欺アカウントに「商品が届かない」と大量のクレームが届く

といった二次的な被害にまで及んでいるようです。

 

アマゾンの販売者が受ける被害は、

①無差別な相乗りによるレビューの悪化並びに売上の減少

②セラーアカウントが乗っ取られる

つまり、今後の販売や、売上に響くような

深刻な受けてしまうおそれがあります……。

 

まじめにアマゾンで販売しているから

関係ない、ということもありません。

 

特に、対象となっているのは、

評価が1000以上あって、

しばらく販売をされていない休眠アカウント

が被害にあっており、

この詐欺による市場破壊・注文放置は

アメリカでも数か月前から

問題になっていたようです。

 

私自身も一時期アマゾンでの販売を休んでいて

久々に出品を再開しようとしたところ、

アカウントが一時的に凍結され、

アマゾンに問い合わせたところ

「最近アマウントの乗っ取りが多いので

しばらく動いていないアカウントは

一時的に凍結しています」

という話があり、去年の年末から今年の年始くらいの話です。

 

おそらく、今詐欺が急増して話題になったものの、

そのころから少しずつ詐欺があったものと思われます。

 

 

もし、あなたがアマゾンで普通に販売していても

評価が1000以上ある乗っ取られたアカウントに相乗りされ、

ありえない激安価格で販売されてしまったら

FBA出品していても

商品ページのカートは取られてしまいます。

 

 

また、自分のアカウントが乗っ取られて

詐欺に使用されてしまうと

アカウントのサスペンドだけではなく

刑事事件にまで巻き込まれる可能性も

出てきます……。

 

そこで、最近、アマゾンのページでも、

アマゾンからのメールでも

「アカウントの2段階認証」

勧めています。

 

まだ設定していない方は

↓↓↓こちらでやり方を確認いただけます。↓↓↓

2段階認証を有効にする

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202073820

 

 

f:id:Telecommunications:20170513144011j:plain

 

※アメリカのアマゾンでも設定方法は

同じやり方で可能です。

 

 

同時に定期的にパスワードの見直しも

行ってください。

 

・名前や誕生日、住所などに含まれる文言は避ける

・他サイトで使っているものと共有しない

・記号やアルファベット、数字、大文字と小文字を含ませる

 

 

これらのことをを実践するだけで、

解読されてアカウントを乗っ取られる可能性は

かなり低くなるそうです。

ぜひ今一度、見直して見ましょう。