読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の海外物販ビジネスの魅力

豊田昇氏と海外転売ビジネスについてお伝えします

輸出入における仕入&販売のコスト管理

中国から商品を仕入れて

米国アマゾン、

日本アマゾン、

で販売する際、

仕入れにかかる費用(商品・輸送・関税etc)

販売にかかる費用(販売手数料・FBA利用料etc)

など意識して商品の選定をされていると思いますが、

同じ商品をずっと扱っていても

商品の単価、

為替レート、

FBA利用料、

が変動し、

特に売れ始めて大量に仕入て売るとなると

コストの変動に関しては常に意識しておきたいものです。

 

そこで、10月に米国アマゾンの

FBA手数料・在庫保管手数料の変更があり

また昨年末に変更がありました。

今回の変更は適用は2月22日からとなります。

 

【変更点】

①Order Handling fee・Pick & Pack fee・ Weight Handling feeが

FBA Fulfillment Feeとして統合される

 

非メディア商品で標準サイズ(小)の場合、わずかに値下げ 

オーバーサイズ(小)の場合は若干の値上げ

になりそうです。

 

f:id:Telecommunications:20170112183649j:plain

 


②Monthly Inventory Storage Fees(在庫保管手数料)

標準サイズの場合若干の値上げ

オーバーサイズの場合は変更なし

 f:id:Telecommunications:20170112183448j:plain

 

③納品先の指定が納品プランごとに可能になる

Inventory Placement Service Fees(納品先指定)は

これまで一括してアカウントで設定していたものが

2017年7月19日以降、納品プランごとに設定可能に。

 

アマゾンが指定した倉庫数を一つ減らすごとに

手数料が細かく設定されるようになります。

 

f:id:Telecommunications:20170112183512j:plain

 

 

FBAの手数料が毎年値上げになっていくのは

セラーにとってはつらいところでもありますが

逆にそれだけFBAの需要も増え、

アマゾンが年々拡大していっているからでもあります。

 

一方、人民元に関しては

2016年の1月には1人民元あたり17.99円だったのが

今は1人民元あたり16.55円と

1.4円下がっていて仕入はしやすくなりました。

 

また、輸入だけやっていると円安になったときに利益が減り

輸出だけやっていると円高になったときに利益が出にくくなりますが

輸入と輸出両方やっておくことで

こうした為替のリスクも避けられます。

 

何が上がって、何が下がったのか、

コストの計算、管理をトータルで考えながら

仕入と販売を行っていくといいですね。

 

とはいえ、日々為替も変わり

仕入れ時の単価やFBA手数料なども

頻繁に変わり、

何が変わったのかとか

コストの計算とか、

さまざまな要素を考えなければいけないですし

全部一人で把握するのは本当に大変で

把握していなかった、知らなかった、

ということがのちに大きな損失になることもあります。

 

そこで、豊田昇氏が運営する

桜トレードさんのコンサルティングサービスでは

FBA手数料の変更やFBAの仕様変更など

さまざまな情報がいち早く入り、

また、コストや利益が一目瞭然でわかる

『リサーチ表』というものが配布されているのですが、

これが自分で細かい計算をしたりする手間や

計算のミスも省けてとっても便利。

 

他にも中国輸入のコンサルティングは受けたことがありますが

ここまで細かなコスト管理ができる表は出てこなかったですし

きめ細かなサービスが行き届いていますね。

 

 

物販ビジネスのこれから

f:id:Telecommunications:20161219010720j:plain

 

豊田昇氏のゴールドラッシュ戦略では

中国から輸入した商品を

日本のAmazonだけでなく、

アメリカ・カナダのAmazonへの販売がメインです。

さらに、もうすぐ欧米Amazonへの販売まで

すでに準備が整っているようです。

 

これからの物販ビジネスで稼いでいくためには、

「販路の拡大とオリジナル商品を作って売ることが必要だ」

と豊田昇氏はおっしゃられています。

 

日本は人口が減り、

市場がどんどん縮小していく中

今まで通り売っていても

当然売上や利益は下がる一方です。

そこで、販路を広げることが必要になってきます。

例えば、アメリカであれば単純に日本の人口の3倍です。

そして欧州、新興国といったように

販路を広げていけば必然的に

販売の機会が増え、

売上や利益の獲得にもつながります。

 

そして、オリジナル商品の政制作OEM)です。

これは、中国輸入をやっている業者だけでなく

EC事業をやっている多くの業者に言えることです。

他の人も扱えるような商品を自分が扱ったところで

Amazonであれば

価格や商品の比較がカンタンで価格勝負になり

結果崩壊になりますし

楽天やYahoo、オークション、フリマアプリなど

ほかのプラットフォームで販売していても

Amazonほどではないかもしれませんが

リサーチして真似されての繰り返しになります。

 

このブログの筆者は

日本商品の海外転売と

中国輸入→日本国内での転売

をやっていました。

 

実感として、

やはり日本だけでなく

海外にも売った方が

当然入ってくる収入も増え、

また、日本より高い価格で売れます。

そして、欧米や新興国のお客様の購買意欲の高さに

びっくりしました。

あとは世界中の商品は中国製です。

中国の商品でも日本ぽいものであれば

日本に興味のある人は買ってくれます。

 

また、単なる転売で実感したことは

売れている商品をリサーチしたり

売れそうなものを予測して

ネットで誰でも仕入られるような

商品の転売で稼いでいました。

しかし、売れてくれば見つかって真似され

さらに安い価格で販売されて

の繰り返しで、

ひどいときは嫌がらせを受けて

販売できないようにされたり、

ということもあります。

 

そこで、オリジナル商品でヒットを出すか

独占販売契約を結ばないと

この悪い流れから抜けられない

と感じたものです。

 

そこで、豊田昇氏のゴールドゴールドラッシュ戦略を知ったのですが

ハードルが高いと思われる欧米Amazonへの販売サポート

OEMのサポート

をしてくれます。

これからも物販で稼いでいきたいと考えている方は

販路の拡大とオリジナル商品の制作に取り組んだ方がいいですね。

ホリデーシーズンが終わったら

クリスマスも終わり、

10月から始まったホリデーシーズンも終了しました。

 

豊田昇氏の運営する桜トレードの事務所でも

ホリデーシーズンは大型発注が続き

大忙しだったとのことで

この時期は主に欧米向けの海外販売セラーにとって

一年で一番の稼ぎ時であり、

また在庫切れ、紛失、遅延など

トラブルも多発の時期です(;´∀`)

この時期の売り上げや利益を考えたら

トラブルも仕方ないか、と思うのですが…

 

始めてホリデーシーズンを経験された方も

何度も経験されている上級者の方も

今期の反省点と改善策を改めて年内にまとめておくといいでしょう。

 

f:id:Telecommunications:20161228013046j:plain

 

たとえば、

・在庫管理は問題なかったか、

・商品の仕入れのタイミングは適切だったか、

・何が売れていたか、

・普段より高額になっていた商品は何か、

・この時期によく動く商品ジャンル、

・利益率はどうだったか、

・トラブルなどで改善できるところはないか、

・効率化できるところはないか、

・確定申告に必要なデータの収集、

などです。

 

一番売れる時期に在庫がなくなってしまうのは、

せっかくの販売機会の損失になってしまいます。

 

また、中国側のタオバオやアリババの店舗が

在庫切れを起こしていて仕入れられないことも

よくあります。

 

早めに、リサーチ、仕入れ、など

在庫の確保しておきたいところです。

 

また、普段あまり売れないものも

ホリデー期間のみ動いたり

よく売れる、

高値でも購入される

ような商品があります。

 

例を挙げると

ギフト需要のもの

だったり

仮装、

イベントグッズなどです。

 

ちなみに、欧米では友達、家族、恋人などに

ギフトを送る習慣が日本以上にあり

ホリデーシーズンが盛り上がる一因でもあります。

 

その年の流行り廃りなどももちろんありますが

どんな商品が売れていたか、

どんな商品ジャンルが人気だったか

チェックしておけば、

来年の仕入れにも使えます。

 

今回の反省点、改善点を把握して

来年のホリデーシーズンに活かし

今年以上に売り上げを伸ばしていきましょう。

 

豊田昇氏の運営する

桜トレードのコンサルティングでは

トラブルが起きて困ったときも

様々なノウハウがあり、

また現役Amazonトップセラーの講師に相談できるので

心強いです。

 

また、ホリデーシーズンの時期の

大量発注、Amazonで販売する際の

面倒な作業はすべて桜トレードが代行してくれるので

リサーチと在庫管理に集中できますね。

 

 

 

豊田昇氏のゴールドラッシュ戦略でホリデーシーズンを制覇

Amazon輸出はもちろん、

アメリカやカナダに販売している方にとって

一年の中で売上倍増、

一番稼げるホリデーシーズンの真っ最中です。

アメリカでは友達、恋人、家族にギフトを購入する時期です。

 

ちなみに、この時期の

消費者の購買意欲

実際の取引高、

売上額

は日本では考えられないくらいすごいです。

 

特に

ギフト需要のもの

クリスマスやハロウィンで使うもの

はもちろん

普段売れてるものはさらに売れ、

普段なかなか売れないようなものも売れます。

これがアメリカやカナダなど海外販売の大きな魅力でもあります!

 

今年のホリデーシーズンは

まず

10月31日 ハロウィン

に始まり、

11月24日 Thanks Giving Day

続いて翌日の

11月25日 Black Friday

そして、日本のAmazonでもキャンペーンをやってましたが

11月28日 Cyber Monday

この日は1年で一番取引高が増える日だそうです。

 

また、最後

12月24日 クリスマスイブ

12月25日 クリスマス

があり、

新年初売りに続きます。

 

前回の記事で

豊田昇氏が運営する桜トレードのコンサルティング会員さんで

ハロウィンの時期に月商1500万超えた方がいた、

と書きましたが、

きっとこのホリデーシーズンで

さらに売上が伸びていることでしょう。

 

ちなみに、アメリカのAmazonのFBAでは

この時期はFBA倉庫への

新規出品者は12月19日までFBA納品が不可

という制約がありました。

 

つまり、そのくらいたくさんの商品が納品され

アメリカのFBAも物流も大混乱ということです。

 

逆に、

この時期に無在庫で販売している方にとっては

仕入先の店舗が在庫切れを起こしていないか、

日本からアメリカのお客さんに直送している人は

遅延が生じないようにEMSで海外発送するなど

しっかり管理して対策しないと

Amazonのセラーアカウントのパフォーマンスが下がったり

最悪アカウント停止になったり、

売上が下がったり…

なんてことになります。

 

あらかじめFBAに入れておけば問題ないですが

日本で販売されている商品の在庫をもって

アメリカのAmazonのFBAに納品しておくのは

日本の商品はそれなりに高価なものも多いですし

在庫リスクを考えてしまいますよね。

 

しかし、

豊田昇氏のゴールドラッシュ戦略ならどうでしょう?

中国のサイトから安く商品を仕入れて

アメリカのAmazon FBA直送です。

 

最近、無在庫セラーのアカウント一掃なんて

こわーい話もありましたが

豊田昇氏のゴールドラッシュ戦略

きちんと在庫を持ちFBAを活用する

というAmazonが推奨している方法です。

 

また、中国商品なら低価格ですし

売れる商品をきちんとリサーチしておけば

リスクは極めて低いです。

 

そして、豊田昇氏のゴールドラッシュ戦略

中国輸入→アメリカAmazon輸出

の面倒な

検品、梱包、発送、FBAラベル貼り付け、納品から

アメリカでの返品の対応まで

豊田昇氏の運営する桜トレード

すべてやってくれるので安心ですし、

自分はリサーチや商品開発、在庫管理に集中して

一年で最も売れる時期にほかのセラーに差をつけて

売上を大きく伸ばせそうですね。

 

f:id:Telecommunications:20161219010720j:plain

 

 

 

 

 

 

 

豊田昇氏が運営する桜トレードのコンサルティング会員さんの実績がスゴイ‼

先日参加したランチMTGは、

2016年最後ということで、

豊田昇氏が運営する

桜トレードのコンサルティング会員さんの

表彰式も行われました(^^♪

 

f:id:Telecommunications:20161211030059j:plain

 

いずれも米国Amazonにおける10月度の結果で

Aさん、月商470万円

Tさん、月商420万円

Sさん、月商555万円

 

そして、一番結果を出された方…

Tさん、月商1600万円

だそうですキタ━(゚∀゚)━!

 

では、

月商300万円以上作れる人はどんな事をしてきたのか、

豊田昇氏は沢山のコンサルティング会員さんを見てきて

こう仰られています。

 

★月商300万超作れる実績者の共通点

※非常に重要な事です。

---------------------------------------------------------------------------------
① PCはデスクトップパソコンでデュアルディスプレイ

② PCはアマゾンセラー用としての基本設定になっている

③ アマゾンセラーとして楽しんでいる

④ オリジナル商品を持っている

⑤ 売れるページ作りが出来ている

⑥ アマゾンブランド登録して、相乗りされない状況を作っている

⑦ 売れる商品開発・分析に比重をおき、その他の作業はすべて外注化している

⑧ 毎月100万位の仕入れ

 

その他にもあると思いますが、

一人で、月商300万を安定して作るには、

上記内容は重要と思います。

 

①②においては、

限られた時間内で、

最高の効率化、時間短縮に繋げています。

 

③は、その方が楽しんでいるか?です。

楽しいと思えることは、

時間など関係なく、

考えてワクワクしていて、

いい結果も出るはずです。

 

④オリジナル商品で、

ブランドネーム付けだけではなく、

お客様レビューの不満を改善したり、

欲しがる魅力的な商品に一工夫したものは、

正直強いです。

 

⑤タイトル・商品説明・写真・SEO・価格

の充実が肝になってきます。

 

⑥これは、非常に重要です。

ブランド登録できれば、相乗りは出来ません!

在庫補充でOK

 

⑦物販作業の、労働の比重のことです。

検品やFBA発送・写真撮影など、

一切やらない。

商品開発と販売分析に9割り費やしてください。

 

⑧一気に100万の仕入れではありませんが、

売り上げが上がるにつれて、

仕入れ額も上げていくということです。

儲かる商品数を増やせば、必然になっていきます。

---------------------------------------------------------------------------------

 

以上のことから、桜トレードの

コンサルティング代行サービスでは、

豊田昇氏の物販の経験と

コンサルティング会員さんに成功してほしいという思いから

・きちんとやれば成功できるカリキュラムの提供、

・面倒なことはすべて丸投げできるシステムの構築、

・さらにオリジナル商品、ブランド構築の手厚いサポート、

をされていて、

会員さんたちも、素晴らしい結果を出されてるようです(^^)

 

出版決定、著者 豊田昇氏に『実践!Amazon 中国輸出入で3倍稼ぐ!』を直撃!

先日、ランチMTGにお伺いした際に、

 

豊田昇氏に、直撃インタビューをさせていただきました。

初版本として、2017年1月に出版が決定しています。

 

書籍タイトルは!

 

『実践!Amazon 中国輸出入で3倍稼ぐ!オリジナル商品を日・

米・加で売る手法!』

著者の 豊田昇さんです。

 

f:id:Telecommunications:20161210084417j:plain

 

 

内容は?というと、、

現在の日本は、一億中流から、

非正規雇用の増大、賃金の低下、

経済格差の拡大、人口の高齢化、

介護と仕事の両立など、不安要素が

多いのが現実と思います。

 

そんな状況化では、

夢や希望は抱けないのも現実です。

 

しかし、豊田昇氏の世界物販貿易ビジネスには、

多くの秘められたチャンスがあるのも、

現実と思います。

 

豊田昇氏も書籍で仰っている

会社に依存して、「もらう」立場ではなく、

今後は「稼ぐ」立場へと変貌していく必要があると、

強く、訴えております。

 

そこで、豊田昇氏は、こうおっしゃっております。

 

本書で、そのために最適な方法を「儲ける(収入)」、

 

「節税する(支出)」の両面からアプローチしており、

 

お伝えする内容は全て、筆者の実経験に基づいています。

 

実に、興味深い内容と思います。

 

今後の人生における、

ヒントが多く詰め込まれた内容と感じました。

 

 

 

豊田昇 氏が運営している情報交換ランチMTGについて

先日は、

 

桜トレードの開催した、

情報交換ランチMTGの様子を

書きたいと思います。

f:id:Telecommunications:20161202065559j:plain

 

 

豊田昇 氏が運営している、

情報交換会というのは、

海外物販をおこなっている、

会員さん同士で集まり、

 

有益な情報交換を行う場であります。

 

先日は、2016年の集大成として、

 ヒルトン東京 で、

情報交換ランチMTGで表彰式を、

優雅に開催いていました。

 

会員さんの月商は、

1600万の方や、

500万400万の方など、

盛大に表彰(賞状・賞金・賞品)し、

チャレンジ賞や努力賞なども表彰させていただきました。

 

豊田昇 氏の目標は、

欧州へのテコ入れも稼働し

皆様を世界へのステージへご案内できるように、

サポートサービスの充実だそうです。

壮大な夢を感じられますね!

 

情報商材のレビューの真実を公開します。

情報商材のレビューで惑わされていませんか!?

情報商材の真実を解説致します。

 

まずは、こちらをご覧ください。

f:id:Telecommunications:20160923062807j:plain

 

こちらは、クラウドワークスといい、ネット上で、

仕事の募集をかけられるサイトになります。

 

上記の黄色い囲い文章は、

 

「このページの1ページ目に出ている情報商材の批判記事を書いてください。

商材を推薦する記事は書かないでください。」

 

このように、

情報商材の真実を確認しない中で、全ての情報商材は、

批判記事を書く様、求めているのです。

情報商材レビューが、どれだけ、あてにならないことがわかると思います。

 

 

では、なぜ!?

情報商材レビューのサイト運営者は、

このような虚偽や偽情報を流すのでしょうか?

 

これは、

アフィリエイトの王道教材、

 

「アンリミテッドアフィリエイト」にも、


記載されている方法で1つの稼ぎの手法なのです。

 

 

検索需要があるが、アフィリエイト出来ない商品については、

 

商品の苦情やクレームなどを載せて、

 

アクセスを集めておき、別の物を販売する手法なのです!!

 

 

 

 イメージとしては、

タクシー会社が、新サービスでお金を出して広告をうったとします。

仮に「日本情報タクシー」としましょう。

 

日本情報タクシーという、固有名詞は有名になる訳です。

そうすると、「日本情報タクシー」という言葉で、

検索数が増えるわけです。

 

そこで、日本情報タクシーの苦情やクレームページ・危険性を、

サイトで紹介する訳です。

勿論、上記のクラウドワークスの依頼の様に、

虚偽や偽情報を書く訳です。

 

その記事を読んだ読者を、

不安にさせて、

もっと安全な乗り物があると、

自分のところの商品、

「白タクハイヤー」を販売する訳なのです。

 

このような、手法で稼ぐのは、

道徳的にどうか?

かなり、卑劣なやり方と感じます。

 

「中国輸入ビジネス塾 詐欺」と検索をしてみると

・中国輸入ビジネス 加藤賢 高額塾 - 本物の商材は1%!

・神崎式中国輸入ビジネス詐欺のタグが付いた記事

井手剛 井手式ネオ中国輸入ビジネスで稼げるか?

・豊田昇 ゴールドラッシュワールドビジネスの海外転売

 

このようなその高額塾にまつわる情報や、

塾のレビューについて書かれた記事が見つかります。

それぞれの中国輸入ビジネス塾について気になっている方が、

「〇〇(塾名)+詐欺」と検索した時に、

ヒットするように作成されている訳です。

 

物販は他の、ネットビジネスより結果は出やすいと思います。

商品の仕入れさえでき出品すれば、売れますので、

モチベーション維持や、ビジネスとして大変やりがいのあるのが、

中国輸入となります。

 

経験上、

中国輸入ビジネス塾の詐欺は無いのでは!?

ないでしょうか。

 

 

 

 

crowdworks.jp

豊田昇 氏が継承するアマゾン商品登録代行サービスとは!?

豊田昇 氏が継承している、

ゴールドラッシュ戦略におき、

豊田昇 氏が継承する、

アマゾン商品登録代行サービスは、

商品登録が初めての方でも、

安心して販売商品ページ制作ができる点にあります。

 

人は、最初は誰でも不安でわからないことばかりであります。

しかし、この様に手厚いサポートは、

本当の顧客目線のサービスではないでしょうか・・

 

豊田昇 氏の引きいる、中国のタオバオ代行会社は、

ここ数か月で、会員数も伸び続けております。

起因としては、豊田昇 氏が手掛ける、

代行サービスの充実さにあることが考えられます。

 

最初はなにをやればよいかわからない・・・

効率の良いやり方を知りたい・・・

これは、どうしたらいいのか?

 

ビジネスを行う上で、

様々な問題にあたります。

 

そんな、みなさんの声から生まれた、

各種サービスは、顧客目線で考えられた、

手厚いサービスを使って、ビジネスを加速していきましょう。

 

行動した先には、

明るい未来が待っております。

 

Amazonと代行会社をうまく利用して、

自分の可能性にチャレンジしようではないでしょうか!

 

 

 

豊田昇 氏が運営する代行サービスとは!?

豊田昇 氏が継承している、

ゴールドラッシュ戦略におき、

豊田昇 氏が自ら立ち上げた、

中国のタオバオ代行会社は、

ここ数か月で、会員数も伸び続けております。

その背景には、

豊田昇 氏が手掛ける、

代行サービスにあることが、起因していると考えられます!

 

例えば、

『安心セットアップサービス(amazon開始初期設定)』

最初はなにをやればよいかわからない・・・
効率の良いやり方を知りたい・・・
動画だけではセットアップ方法が分からない・・・
時間を無駄にしたくない・・・

 

こんな、声の解決の為のサービスですね!

ビジネスにおいて時間短縮は、

売り上げを最大にするために非常に大きな要因です。

早く作業できるということは、

他人よりも早く商品を探すことができます。

さらに出品も早く、

補充の注文も早いから回転数が早く売上も上がります。

 

よって、使えるサービスはお金を払って、

それ以上の時間を確保し、

ビジネスの戦略を練る時間に

費やしたほうが良いということです。

 

このサービスの利点は、

お客様はパソコンの前に座っているだけです。

 

あとは代行会社のスタッフが

セットアップをすべて行います。

 

セットアップに時間もかからず、

これからの無駄な時間を短縮する大変お得なサービスです。

 

利用しない手は、ないですね!!

 

 

 

 

豊田昇氏のゴールドラッシュワールドビジネスの真意や評判は?

豊田昇氏の手掛ける、ゴールドラッシュワールドビジネスについて、

詳しく検証したいと思います。

 

豊田昇氏が、会社員だった2005年の頃から、

ゴールドラッシュワールドビジネスの前身、

海外転売ビジネスの始まりがあります。

 

豊田昇氏が会社員時代に、

台湾の現地法人の子会社の社長として、

海外赴任したきっかけが始まりです。

 

その時代の物価は、

日本の5分の3位と言われております。

そんな、台湾時代には、多くの日本人が喜ぶものがあり、

豊田昇氏はそこに目をつけ、早速何点か購入し、

ネットをうまく駆使して、ヤフーオークションへ出品しました。

 

翌朝には、なんと!落札されていたとのとこです。

 

そこから、物販を通してサラリーマンでも、

専業主婦でも、ネットをうまく利用すれば副業ができる!

 

そ、強く感じたそうです。

 

そこから、豊田昇氏は代行会社を設立するまでになりました。

いわゆる、時間がない会社員の方でも副業で稼いでいける、

中国輸入の代行会社です。

 

その後、ゴールドラッシュワールドビジネスのスクールの開校や、

情報交換会などのコミニティなども積極的に開催して、

現在では、会員数500名超の会社へと発展しております。

 

豊田昇氏の信念

【成功者を尊ぶ心から、挑戦者を応援する心へ】

と、貫き通した姿勢が熱く感じられます!

 

今後も、豊田昇氏の物販業を通した、

ゴールドラッシュワールドビジネスや、

スクール運営には、今後ますますグローバル化の現代では、

必要とされるビジネスと断言できるのではないでしょうか?!

 

 

 

 

 

豊田昇氏が考える早起きとは!?

豊田昇氏もまた、早起きであり、

世界でも有名な経営者は、

ほとんどが朝方人間であるという現実。

 

豊田昇氏いわく、

早朝は一番クリエイティブは発想が出る時間という。

 

早起きは三文の徳というが、早起きすると、

仕事や私生活に本当はどのような影響があるのか?

 

世界各国の成功者も、多忙の中、
早起きをする理由が有るはずです。


早朝というのは、


思考力の供給が、一番高まる時間と言われております。

 

今日、一日の戦略を誰よりも早く意思決して指示をする。

 

運動や瞑想、クリエイティブなことに時間をかける。

ということにも時間をかけれ、

時間の運用の差で、他人との大きな差となることを知っています。

 

例えば、1日に2時間の有効な時間の差があれば、


2時間×365日=730時間(約30日)分の差になるのです。


世間的にも、効果大と知っているのに、

なかなか習慣化できない早起きには、

夜の目覚ましのセットをお勧めします。

 

早起きが出来ない方は、

夜の就寝時間を守っていないので、

就寝時間にセットして、

時間がきたらベットに入る習慣をお勧めいたします。

 

 

豊田昇 氏による米国進出から欧州への野望

豊田昇 氏による、海外転売ビジネスは、

豊田昇 氏が自ら切り開いた、

中国⇒日本のルートから、

更に広げ、中国⇒米国のルートを築きあげました。

 

豊田昇 氏は、物販の労働作業の95%近くを

自動化に成功させております。

 

その様な、状況までは大変遠い道のりでした。

 

中国のスタッフと直接会い、話し、交渉し、

指導し、教育し、注意し、催促し、取捨選択し、

繰り返し抜き打ちでチェックも行い、

自分自身がセラーとしても買付を行い、

反省し、改善し、諦めず進めてきたからできることです。

 

だからこそ、他の人間には容易に真似できない、


「豊田昇の海外転売(世界転売)システムとルート」を

「机上の空論から、実際的に問題なく円滑に稼働することが出来る

現実のシステムとルート」

とし提供することが出来た訳です。

 

ここまでの話をまとめます。

豊田昇 氏は、中国輸入転売、

輸出転売に存在する2つの「見落とし」に気付きました。

 

1つ目は「今はいいけど、やがて飽和しかける」

というものだったわけです。

 

次に2つ目の「見落とし」。


これは見落としというより、

「気づいてはいるが無理だと思われていたこと」です。

それは、上述した「中国で仕入れて米国のアマゾンFBAに

直接商品を流すことを、

パソコン1台で、遠隔操作で、

ほぼほぼ完全自動化で行うルート」についてです。

 

米国Amazonへの輸出転売を行っているセラーは、

その商品を、日本のAmazonから仕入れている人も多くいました。

一方、その日本のAmazonで商品を売っているセラーは、

中国のタオバオから商品を買い付けていたわけです。

中国から仕入れた商品を日本で売る。

 

日本で売っている商品を米国で売る…

このことを1つの流れとして考えてみると、

「だったら、中国で仕入れて、日本を介さずに、

米国Amazonで売ればよい」ということになります。

 

なぜならば、

中国→日本、日本→米国、と小刻みで商品を動かしていくよりも、

中国→米国と直接商品を移動させた方が早いわけですし、

同時に、国をまたぐ毎にかかる「関税」も、

一度送るごとにかかる「国際送料」も、

後者の「中国→米国」では1回で済むからです。

 

しかしながら、これは容易に実現できるものではありませんでした。

日本にいながら、中国のスタッフと米国のインポーター

(海外からの事業者からの荷物を受け取る資格を持つ業者。

Amazonはインポーターをしてくれないので、

海外から米国のAmazonにモノを送る場合、

インポーターを立てる必要がある)を同時に操る必要があります。

そしてそれは、当然簡単なことではありません。

 

そこに、他ではまねの出来ないシステムがある訳です。

 

 

豊田昇 氏への感謝の声が止まらない理由

豊田昇 氏は、2006年から、

eコマースをはじめ、

副業の傍ら、数百万を稼いでいた訳です。

 

豊田昇 氏の運営する、スクールへの、

感謝の声が止まらい理由は、

現役セラーの講師陣6名による手厚い、

サポート対応が大きな理由でもあるはずです。

 

豊田昇 氏が率いる、世界転売スクールへの

生の感謝の声を抜粋してみました。

 

E.Kさん

お世話になります。 すばらしいスクールですね。 他の塾はドンだけ古いコンテンツを使っているんだとか、そもそもコンテンツもカリキュラムも無いくせに塾と称して塾生を募集しているところもあります。

 

M.Iさん

プラチナパートナーコースの●●です。 「儲かる商品300」を送っていただいてありがとうございます。

今、30商品リサーチ課題の途中です。目当ての商品がタオバオで見つからなかったり、いいと思っても他のセラーの方がたくさんいたりして苦戦していますが、これだけは全部自分でやり遂げてから、300の商品リストをゆっくりと見ようと思います。

その日を楽しみにがんばります。 今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

T.Kさん

いつもお世話になっております。 毎日の動画配信ご苦労様です。 とても勉強になり、早く実践してみたいと思っています。

この度、「リサーチ課題」を提出致します。 最初は苦戦しましたが、リサーチ方法の動画を何回か見て実践を繰り返しているうちに徐々に慣れてきました。 一旦リサーチ表は提出しますが、引き続きリサーチを続けて行きます。 これからも宜しくお願い致します。

 

K.Sさん

お世話になります。
早々に対応頂き有難うございました。
大変助かりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

N.Mさん

お世話になっております。 先ほどは濃い内容のセミナーありがとうございました。 (もう写真が掲載されているっw!) やはり実際にセミナーに参加するとやる気が起きますね。 同じ時期に始めたはずなのに、一歩先に進んでいる人がいる事を知ると、自分もがんばって追いつき、追い越すようにがんばろうと思います。この気持ちを忘れずに早速取りかかろうと思っています。

 

M.Sさん

あいまいなところとリサーチできなかった商品が1つあったりしたので、3つくらい追加しました。途中まで、ランキングとレビューポイントいれておりますが、あとあと入れなくてもOKということで省いてあります。 だいぶリサーチもなれてスムーズにできるようになりましたので、一日早く提出することができました。気合いもありましたけど、なれると結構リサーチ楽しいですね♪ それではリサーチの課題添付致しますのでよろしくお願いします。

 

M.Sさん

今日は、ありがとうございました。<(_ _)> 最初、「わ~youtubeの中の人だぁ」と、芸能人のように思ってしまいました。 (^_^.)

苦労して仕上げたグローバルリサーチ票をメールする時に消してしまって、また最初から やり直しなので、少しだけめげていましたが、今日、行ったことで、しっかりがんばろうという気持ちに変わりました。 帰りの群馬までの電車の中で、たくさんの未来が想像できて、わくわくしました。 行くまでは、月に100万稼げたらいいなあ・・・と思っていたのですが、帰りには1000万稼げるようになりたい!に、変わっていました。

何を挑戦しても、お金にならず、コツコツとがんばっていくしかないのか・・と思っていた時に運命的に豊田先生のyoutubeを見ることができて、本気で、頑張ろうと思いました。 お金を得られると思っただけで、いろいろなことが叶えられる事、今まで気づかずにいろいろなことをあきらめていたことに気づきました。絶対絶対絶対、がんばります。 素晴らしい機会を与えてくださり、本当にありがとうございます<(_ _)>

 

M.Tさん

お世話になっております。 毎日の動画が楽しく、勉強になります。 前回の課題を出した後、毎日リサーチをして忘れないようにつとめています。 怠け者の自分も課題を頂くとやる気が出るのでとても助かっています。

 

 

豊田昇氏が構築したフルオートメーションシステムとは?

豊田昇氏が構築した、

海外転売ビジネスの仕組みは、

会員限定のサービスになります。

豊田昇氏が手厚く作り上げた、

豊田昇氏のオリジナルサポートシステムを、

ここで解説します。


今回のこの限定で2月6日、

豊田昇氏が登壇した

限定のセミナーですね。


仮に受講を開始された方においては、会員サイト、

先ほどもお見せしましたけど、あのような会員サイト内に、

74課の動画があります。

 

1課が一番少ない時は、1動画しかないのもありますし、

1動画から3動画ぐらい入ってるんですよ。

ですので、合計で200動画ぐらいあるんです。

本当に基礎的なことでは、

googleのメールの取得なんかあるんです。

 

必ず誰でも、

どんな人でも出来る状況を作ろうと私は考えて


これをやったら絶対出来ない、

とは言わせないぐらいのものを作りたいと思ったんですね。

 

逆にまたきめ細かくちゃんとサポートもしていきたい、

やっぱ結果を出してもらいたいっていう思いの中で、

そんな形で作ったんですけども。

そんなようなサイトです。

 

あとは、フォローもやった中で実際にリサーチは、


先ほどのツールを使ってやっていきますので。

商品を見つけたものを注文していただく。

 

弊社は、先ほど言った桜トレードなので、

代行会社の方で買い付けして、

検品してお見せもします。

 

お客様からの、

ゴーサインをいただいたら、FBAへ送り込む。

 

FBA直送も、

インポーターのライセンスもありますから問題ないです。

 

もう販売が開始、

勝手に商品のやり取りとお客さんの発送のサービスは

Amazonがやるわけですよね。

っていうような仕組み。

 

このように完全にもう自動化を提供できます。

 

このノウハウだけで、

あとはこっち使ってくださいあっちいってくださいとか、

そういうことは言わないんですよ。

全てがオールインワンです。

 

OEMまでもご案内することもできます。

そんなような私としては強みかなと思います。

弊社の部分においてはね。

まとめますと、

利益率が日本の倍。約倍ってことでね。

市場が安定している、

どんどん右肩上がりで伸びてきてるってことですね。

単純で仕組み化が簡単です。

別に会社員、サラリーマン、主婦の方でもいいですけども、

全く顔出しは別に必要ないわけですよね。

Amazonで物販でやっていく。
また誇れますよね、物販。

別に人に言えない仕事っていうわけじゃないんで、

本当に物販ってことで、

お金が生まれる前からあるビジネスですよね。

上場会社がほとんどやってるビジネスですから。

それを肩並べて出来るんですよ。

別に一個人が出来るんですからね、本当そうなんですよ、

それが出来るのがこのインターネットなので、今の時代ね。

だからやっぱり自分の持ってる個性をどんどん発揮できるチャンスなんですよね。

文章力も別に必要ないですよね。

ましてレートをやるわけじゃないし、サイトを作るわけじゃないからね。

米国は日本の3倍の36兆円の巨大市場。

中国、アメリカのAmazonは誰も開拓できてないルート。

ですから、先行者利益が取れる。

 

買い付け、検品、梱包作業が一切不要。

フルオートメーションシステムを提供させていただ来ます。

 

豊田昇氏の講演でした。